任意整理を行ったとしたら、どういった流れで行われ、期間としてはどのくらいを要するのでしょうか。

そして、任意整理の記録が信用情報からなくなるまでにどれくらいかかるかも、気になるところですよね。

人物吹き出し

実際に、どのように進んでいくのかシュミレーションしながら、実際に借金がなくなって、成功する自分を想像しながら取り組めば、うまく交渉が進む確立が高くなりますよ。

ぜひ、任意整理の概要と、それに要する期間、返済から、信用回復の期間などを知って、今後の返済計画に役立てていただければと思います。

任意整理から和解までの流れ

受任通知をして、返済請求をストップ

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者側に、債務者がこれから任意整理期間に入るという受任通知がされます。

そうすることで、債務者の代理人として、弁護士や司法書士が立つことになり、債権者側は債務返済が一時的にストップせざる終えなくなります。

引き直し計算をする

実際に、任意整理に入る上でまず取り掛かることとして、債務者の代理人が債権者側に、取引の明細書を取り寄せ、払いすぎた利息がないかチェックをすることになります。

特に、消費者金融からの借り入れ期間が長ければ長いほど、利息を払いすぎているという可能性が高く、借金を減らしやすいといえます。

明細を提出することをよしとしない債権者も中には存在するため、ここの期間は1ヶ月から2ヶ月くらいと幅を広く想定していくといいでしょう。

和解までの交渉手続き

実際に、債務の詳細がわかると、交渉ができるようになります。

具体的には
減額できる額について
利息のカットは可能かについて
残債の返還期間(回数)について

このことについて債権者と交渉をしますが、債権者も簡単に債務者の希望に応じるわけではありませんので、その場合は交渉が長びく場合もあります。

和解契約を結ぶ

交渉内容がはっきりしたところで、代理人は債権者と、和解契約の締結を依頼します。この段階では代理人と、債権者だけのやりとりになるため、実際の債務者は特に何もする必要がありません。

ここまでの時点で、約3ヶ月から6ヶ月がかかるとされています。

和解締結後の返済期間について

和解が締結した後、約2週間ほどで、整理された債務額の返済がスタートされます。

返還期間は、一般的には3年から5年になります。

返済の仕方も、債務者が債権者に直接返済するのではなくて、依頼人が代理人に決められた返済額を振り込み、それを代理人から債権者に間接的に支払っていくという方法がとられます。

支払いが難しくなった場合も、債権者に代理人を通して再度交渉が可能
であるのが救いです。

しかしその代わりに気をつけなくてはならないこととして、交渉を有利に進めるためにも、滞納する前に早めに報告するということが必要です。

債務整理履歴の削除まで、約5年

債務整理を行った場合は、債務整理後、約5年間は信用情報機関にその履歴が反映されます。

そのため、たとえば3年で無事返済完了できたとしても、約2年間は借金することができない、すなわち、ローンでものを買ったり、クレジットカードを作ることができないという状況になります。

以上の流れで、考えると、任意整理開始から、信用情報機関への信頼回復までに、約5年半は見なければなならないと考えることができます。

任意整理は、このような流れで行われます。

他の債務整理方法に比べると、裁判所を通さない分、手続きも簡単で、時間があまりかからないといえます。

人物吹き出し

実際に適しているかどうかについては、債務の金額にもよってくるので、実際に依頼を行う前に、無料で任意整理に詳しい、弁護士や司法書士に相談することができるサービスもありますので、ぜひ利用してみることをお勧めします。