自己破産のメリット
Photo by Yasin Hassan

自己破産のメリット

自己破産をする最大のメリットはすべての債務支払い義務が免除されることです。

借金が数百万円であっても数億円であっても支払い義務が免除されます。借金の苦しみから解放されるので、自己破産することには債務問題を抱えている人にとってはかなりのメリットになります。

そのほか自己破産の手続きを開始したあと、債権者は給料差し押さえなどができなくなるため、働いた給料がそのまま手元に入ります。

給料が借金の取り立て側に自動的に行くことがないため、モチベーションを維持した状態で仕事を続けることが出来ます。

債権者の給料差し押さえ不可能により、破産したあとでも生活を復帰させて人生をやり直すことは決して無理ではありません。

そして、ある程度の財産や資産は手元に残すことができます。売却しても価値にならないものや、思い出の品は手元に残すことが可能なので、自己破産したからといってすべてを失ってしまうわけではありません。

これにより、生活に必要な食器や衣類なども破産によって失うこともありません。

生活ができなくなるまで差し押さえしてしまうと、破産したあとの生活が不可能になってしまいます。だから生活できる最低限の資産や財産を手元に残すことで、破産した人の生活を保護するのです。

自己破産のメリット

  • 債務支払い義務が免除される
  • 破産したあとも給料差し押さえはされない
  • 生活に必要なモノは残る

自己破産のデメリット

自己破産をするデメリットは消費者金融や銀行なども含めて借り入れをすることが今後5年から10年間不可能になります。クレジットカードの新規発行もできないのでご注意ください。キャッシングが不可能になるので、資金を利用して活動を起こすことができません。

これがいわゆるブラックリストというもので、ブラックリストから消去されない限り、借り入れを行うことが不可能になります。

デメリットはそれだけでなく、住所と氏名が官報という国が発行する機関紙に掲載されてしまいます。破産をした人のプライバシーが完全に守られるわけではないのでご注意ください。破産した人の名前を調べることは簡単です。

このような国が発行する信頼できる情報によって誰でも知ることができるので、プライバシーは保護されません。それだけでなく、免責決定を受けるまで士業や警備員などの職業に着くことが不可能になってしまいます。

理由は破産した人は信頼できないからです。

信頼が求められる職業においては破産した人が就くことができないのは仕方がありません。破産したあとにも就職できる仕事を自分で探さなければならないので注意しましょう。

自己破産のデメリット

  • 5年から10年間は借り入れが出来ない
  • ブラックリストになる
  • 官報に住所と氏名が掲載されてしまう