家族や、会社に借金を抱えている事実を知られたら、信頼してもらえなくなるんじゃないか、尊厳を失うんではないか、怒られはしないだろうか、女性なのに恥ずかしい…。

家族や、会社の同僚との人間関係を良好に保ちたいと思えば思うほど、そういった欲求が沸いてくるものです。

しかし、借金は解決しなくてはならない。

そういったときに、とる手段として有効なのが任意整理です。

それでは、どういった理由からそうなのかというと、

  • 弁護士、司法書士のみを通して行える。
  • 本人の書類提出のみで完了。
  • 整理する債権を選択できる。

以上の三つの理由があげられます。

それではその三点についてくわしく解説していきたいと思います。

弁護士、司法書士のみを通して行える。

任意整理は、個人再生や自己破産など他の債務整理と異なり、裁判所を通す必要がありません。

任意整理においては、弁護士や司法書士のみを通して手続きを進めていくことができる点が、家族に秘密にしておける大きな要因となってきます。

まず、任意整理をはじめるにあたり、受任通知(これから、債務者が債務整理を開始するという報告)を行った時点から、債権者側は債務者に対して一切債務の催促や請求ができなくなってしまいます。

さらに、債権者からの連絡は、代理人である弁護士や司法書士を介するようになるため、電話連絡はかくも、郵便物も、自宅や会社に届くことがなくなり、そうなることで、家族や会社に知られるというリスクが大幅に軽減するのです。

本人の書類提出のみで完了。

任意整理では、本人書類のみの提出で手続きが完了できます。

それに対して、任意整理以外の債務整理では裁判所を通して手続きをしていかなくてはなりません。

そのため、裁判所に提出する書類には、債務者本人だけではなく、同居者の給与などを報告するものもあるため、家族に知られずに行うということが難しくなってくるのです。

それだけではなく、個人再生、自己破産においては、退職金見込証明書というものを提出する場合も見込まれるため、会社に依頼した際にばれてしまうというリスクを抱えてしまいます。

整理する債権の選択が可能。

任意整理では、整理する債権を選択することができるため、家族や会社にばれたくない債権を避けて整理をすることが可能になってきます。

要は、家族に保証人を依頼していた債権や会社から借金している債権などを避けて、整理すればよいのです。

それに対して、自己破産は整理する債権を一切選択することができません。個人再生も同様ではありますが、唯一住宅ローンだけは対象から外す方法もあります。

悩む前にまず相談。

こういった点より、任意整理を通した場合、家族や会社に知られずに確立を格段にあげることができます。

バレてしまうケースをしいてあげるとすれば、債権者との間の交渉がもつれた場合、債権者が訴訟を起こし本人宛てに訴状が送られてしまうこともありますが、なかなかレアなケースだと言えます。

人物吹き出し

家族や会社に知られたくない、そういったプライベートな内容も、法律や債務整理について良く理解した弁護士や司法書士にネットから匿名で無料で相談するもできますので、あれこれ不安に思う前に、一度相談してみることをおすすめしますよ。