クレジットカードでリボ払いにしていると、気がつかないうちに借金が膨れ上がっているということが起こりやすいといわれています。

リボ払いの利点は、月の支払い額が決められており、月ごとの負担が少ないという点がありますが、それが大きな落とし穴、自分の借り入れ残高がわかりにくく、ついつい買いすぎて借金を膨らませてしまうという危険と隣り合わせなのです。

定額方式の場合には、支払い時期が長くなり手数料地獄に、またスライド方式の場合には、気がついたら、支払い残額のランクが上がり、思いもよらない額を月々支払わなくなってしまう可能性もあります。

しかも年利が高いという特徴より、期間が長くなるほどに、多くの利息を金融会社に吸い取られてしまうことになってしまうのです。

では、そういったリボ払いによる借金は、任意整理で解決することができるのでしょうか?

実際にリボ払いで生じたい借金の場合に、任意整理をする価値があるのかについて解説していきたいと思います。

利息カットによる効果が大きい

ショッピングリボは、基本的に金利15パーセントであり、キャッシングリボも金利が比較的高く設定されています。

そのため、リボ払いによる長期支払いを余儀なくされた場合は、任意整理におけて、利息カットによる効果が大きく期待できます。

ショッピングリボは過払い請求の対象外

ショッピングリボを利用した場合、ショッピングリボ自体が、借金ではなく、立替払い契約として分類されるため、利息制限法の対象外とされ、過払い請求をすることができません。

そのため、借金自体の減額は難しくなります。

しかし、リボ払いで債務がかさみ、長期支払いを余儀なくされている場合においては、将来的な利息カットをすることができるとすると、金利が高額なだけにかなりの減額が期待することができます。

そのため、過払い請求の対象外であったとしても、任意整理をする価値は十分にあると判断することができます。

キャッシングリボは、過払い請求ができる場合がある

キャッシングリボは、ショッピングリボとは違って、銀行から現金を引き落とすという、借金としての取り扱いとなるため、利息制限法の対象となります。

特に、キャッシングリボは過去、高額な金利設定になっていることが多かったため、借り入れ時期によって、過払い請求できる可能性も出てきます。

利息制限法が、適用されるようになった時期(2007年以降に段階的に実施)より前に、カード会社や、消費者金融で、キャッシングリボを利用されていた方はかなり高利子で利息を支払っている期間があると考えられます。

過払い金額の請求権は10年ですので、リボ払いを完済した時点より、10年未満の方で、上記の可能性がある場合は、過払い請求の相談価値があります。

もちろん、ショッピングリボと同様に、将来の利息のカットも有効な手段になってきます。

リボ払いで発生した借金を任意整理するデメリット

カードが使えなくなる

任意整理は債務整理の一種ですので、リボ払いが整理の対象になったとしても、信用情報機関に5年間の間は記録が記載されてしまいますので、当然カードも利用できなくなりますし、新たな借り入れも基本、利用することはできません。

完済前の商品の没収

整理の対象となったカードを利用をして購入したものの返済が完了していなかった場合、その商品自体が差し押さえにあって没収される可能性があります。

任意整理をする前に、対象カードでの購入商品をチェックしておくと行っておくとよいです。

リボ払いによる高額債務は早期解決を

リボ払いでの長期返済での利息や、月々の返済額に頭を悩まされている方も、一度、債務整理で解決できないか検討してみることをおすすめいたします。

人物吹き出し

あまりことを大きくしたくないという方も、任意整理は、誰にもばれずに、手続きも簡単に完了できますのでその点安心です。

任意整理の専門家に無料、匿名で相談できるサイトなどを利用して、一度相談してみてるといいですよ。