任意整理をした後は、整理した債務を、債権者との交渉により設定した、ある一定期間内に支払っていく必要があります。

その期間は実際どのぐらい与えられるものなのでしょうか。

人物吹き出し

債務の返済を確実にしていくためにも、その期間、発生する時期、任意整理のかかる費用等を把握して、計画を立てていくことが大切です。

支払いはいつから始まるのか?

任意整理を始めるにあたって、弁護士、司法書士が、債権者に対して、受任通知(債務者が任意整理を依頼したという報告)送り、その時点で支払いの義務は一旦はストップされます。

その後、任意整理期間を終えて、債権者側と和解が締結した後、基本的には、二週間ほどで支払いが開始されます。

しかし、代理人を依頼した場合、任意整理が和解されるまでの間にその報酬を支払わなくてはなりません。

代理人に支払う費用として、

業務開始前の時点
和解成立後の報酬
減額が成功した場合の報酬
切手や、通信費用といった実費

などがあげられます。

ですので、そういった出費を考慮して、任意整理の準備をしていく必要があります。

返済期間は基本三年、延長は?

任意整理後の債務の返済は、36回の3年が基本とされています。

しかし、これは、任意整理においての交渉次第ともいわれており、5年から、7年の猶予を与えられたケースもあります。

債権者によって、返却期間を柔軟に対応してくれる場合もあり、楽天カードにおいては、他の消費者金融と比較しても、返済期間を長く設定できたケースが多いようです。

返済期間が長ければいいというわけでもない。

任意整理では、金利をカットすることができますので、それ以降に利息が発生する心配はありません。

そのため、支払いが長くても、返済する金額が増えることはありません。

しかし、返済期間が長くなるにしたがって、債務者本人も、支払っていくモチベーションを保つことが難しくなりますし、金融機関側も、そのことを危惧する傾向があります。

そういったことを考えても、無理なく確実に支払っていけるように、月々の支払い額の設定をすることと、自分がしっかり支払っていくという意志が続くように返済期間を交渉していくことが大切だといえます。

返済期間に返済できなくなった場合は?

返済期間に、急な病気や、事故など、予期せぬ出費が発生し、返済が難しくなった場合はどうなるのでしょうか?

生活していれば、考えもしないとことで、お金が発生することなど、まれなことではありませんよね。

そういったときにも、代理人を通じて債権者に報告をし、正当な理由として認められれば、返済期間を延長してもらうことができるのです。

もし、債権者の同意を得られなかったとした場合にも、個人再生や、自己破産といった、債務整理の手段を変更して解決していくことはできます。

人物吹き出し

債務者の事情によっても、法的に返済期間を延長することも可能ですが、債権者に借金を確実に返済していくという誠実さをしっかりと見せていく姿勢が必要です。法律や、債務整理をしっかりと理解した専門家によく相談して、手続きを進めていくことをお勧めします。