借金がなかなか減らず、苦しい生活をもう何年も送っていませんか?

早く借金を返したいけど毎日の忙しさに、考える余裕もなく漠然と借金の早期返済をあきらめてはいませんか?

借金の完済は、早ければ早いに越したことはありません。その一番大きな理由として、利息を少なく済ませる事ができるという点があります。

今日は、借金のために働く生活から早く脱出し、生産的な活動をしていくために、今すべき事を解説いたします。

まずは完済したいと思う気持ちが大事

借金早期完済には、そうしたいと心から願うことが必要不可欠です。借金を返したいと思いが強けれは強いほどに、行動がより具体的になっていきます。

その具体的な行動の積み重ねにより、実際に借金完済を達成ことができます。

 

行動の具体化①
自分の収入、支出をはっきりと把握すること

毎月の自分の収入、支出を把握することで、毎月いくらを返済にあてられるかを正確に知ることができます。

消費者金融や銀行は、貸し出した借金の利息から収益を得ます。

そのため、貸す側は早く借金を返してもらうよりも、長く借りてもらって、最後に確実に返済することを望みます。

その為、金融会社が最初に提示した返済プランをそのまま実行しているようではなかなか返済は終わりません。

まずは、自分の返済能力を把握する必要があります。

その結果可能であれば、返済期間内は、少しでも収入を返済に多く当てられるように努めましょう。

行動の具体化②
毎月の利息を把握する

月々の返済はまず、その月の利息分にあてられます。そのため、その月の利息以上に返済をしなければ、借入元金を減らすことができません。

支払い月あたりの利息は、借入残高×(年利/100)÷365×30日で計算できます。

現在残高100万円の借金の利息は、年利18%の場合、

100×(18/100)÷365×30=およそ14,795円
となります。

そのため、その月4万円返済すると、利息に約15,000円かかり、元金は残りの25,000円を引いたおよそ97万5000円になるという計算になります。

この返済方法を続けると3年以内に借金がなくなります。

このように、毎月いくらづつ支払えば、いつまでで返済が完了するということを把握することで、目標が明確になり、きちんと返済を続ける意欲につながります。

行動の具体化③
借金を一本化する

金利がより低い金融機関に借り換えすることで、利息を節約することができます。

しかし、気をつけなくてはならないことは、あくまで一本化以前の月々の合計返済額以上の返済を行う必要があるという点です。

月々の返済額を少なくしてしまうと、その分返済期間が長引き、利息が増えてしまう可能性があります。

そのために、早期返済のために一本化する場合は、あくまで金利を下げる目的で利用する必要があるということです。

特に借り入れの合計が100万円を超える場合は、利息制限法により、必ず15%以下の金利になるため、より利息を減らすことができます。

借金の一本化、借り換えを行うには、支払い能力を確認するための審査が必要ですので、これまでの返済状況や収入が問われることになります。

行動の具体化④
債務整理を行う

債務整理は月々の支払いがどうしても難しい、滞納する可能性があるといった場合に利用されます。

返済が難しくなり、他者に借り入れをするよりは、債務を整理して確実に返済できる状況をつくることが得策です。

任意整理では利息カットができます。

また、過払いがあった場合に、過払い分を請求し、残りの借金にあてることもできるので借金が減額される可能性もあります。

借金を整理した上で、3年〜5年という決められた期間に確実に返済を終えなくてはなりません。

滞納をした場合は、一括請求されてしまいますので、返済に対してより意識が高まります。

月々の支払いを確実にしていけば、必ず返済できますので、そういった点では早期返済を可能にするひとつの手段としてみることができます。

ここで大切なことは、予期せぬ出費や、将来の出費増額なども念頭にいれて、月々の支払額を無理がないように交渉することです。

もし、任意整理ではそれが難しいようでは、個人再生、自己破産といった方法を検討します。

債務整理をすると、いずれも約5年はローンを組むことができなくなりますので、新しい借金を組むことも回避できます。

債務整理は最後の手段だというイメージがありますが、支払がどうしてもできないといった状態になった場合は、延滞や、さらなる借り入れをするよりは、債務整理を検討した方が、早く生活を立て直すことができる場合も多いです。

人物吹き出し

一人で悩む前に、一度無料、匿名で任意整理専門の弁護士、司法書士に相談できるサイトを利用してみるといいですよ。

以上、借金を早く返済するには?完済を決心して行動を具体化する。のまとめでした。