夫婦の借金を調べる

最近、旦那の手取りの額が減ってきているのはどういうわけなんだろう。

もっともらっているはずなのに、もらっているはずの給料と比較してもだいぶ少ない気がするんだけど。

そういったことが相次ぐと、まさか借金してるわけじゃないよね?と、旦那を不信する気持ちもわいてくるものです。

聞いてみても、はっきり教えてくれない場合もあるでしょうが、奥様には、これからの家計をやりくりしていく責任があるので事実を把握しておきたいものですよね。

しかし、旦那、配偶者に内緒で借金をしているかどうかを調べることは、法を犯さない限りは不可能になります。

それはどういった根拠からそうなのでしょうか。

また、旦那、配偶者に借金があることが発覚した場合、どういった姿勢でいることが大切なのでしょうか。

信用情報機関に情報開示を依頼する

借金情報は、信用情報機関に情報開示を依頼することで調べられます。

しかし、情報開示の依頼は、債務者本人もしくは、本人以外の場合は、本人からの委託を受けたということが証明できなくてはなりません。

もし、本人と偽って、情報開示を依頼した場合には、違法行為となりますので、大変リスクの高い行為となってしまいます。

もし、探偵などに依頼する場合にも、同様の方法でしか知りえる方法がないため、探偵事務所が、違法行為をしない限り、調べることができないのです。

正直に聞いてみる

あくまで、相手を心配し思いやる気持ちで聞く必要があります。

被害者意識であったり、責任をとがめるような聞き方をしたら、相手が殻を閉ざしてしまいます。

本人も秘密にしたいところを見ると、申し訳ないという思いや、怒られるのではないかの不安を抱えているのではないでしょうか。

その気持ちをほぐしてあげ、一緒に解決していこうという気持ちで話せば、きっと話してくれるはずです。

もし、借金が発覚した場合

借金の解決には周囲の人々、つまり家族の協力が必要不可欠です。

経済面でのやりくりだけでなく、理解を示すという精神面での支えが大切になってきます。

好きで借金をする人はいません。

借金をするのには、何らかの原因があるはずです。

ストレスや、遺伝的な精神疾患などといった本人ではどうすることもできない問題を抱えている場合だってあり得るのです。

また、自分自身が配偶者が借金をする原因を作っている可能性もあるかもしれません。

借金が発覚したからといって、すぐ離婚という選択をすることはお勧めできません。

子供がいる場合には、子供に大きな心の傷を与えるだけでなく、金銭面でも、子供をシングルで育てていくことは想像以上に大変なことだからです。

旦那、妻のせいでなぜ自分が苦労しなくてはならないのかと被害者意識をもつのではなく、相手の借金も自分のこととして見つめてみましょう。

借金の発覚でショックをうけたとしても、相手を支えていこうという思いに切り替えることで、逆に自分も、家族も生かしていく道を見つけることができるでしょう。

貸付自粛制度の利用

借金の額が大きかったり、旦那や妻の精神状態に異常を感じる場合には、借金依存症を疑う必要もでてきます。

依存症である場合には、本人でもコントロールが効かないため、借金を繰り返す可能性が考えられます。

そういった時に有効なのは、貸付自粛制度です。

日本賃金業協会では、配偶者の立場でも、該当者が借金ができないように、その旨を信用情報機関に載せることができるのです。

債務整理でより、確実に問題を解決していける

旦那や妻に、多額の借金があるからといって、必要以上に落ち込む必要はありません。

合法的に、借金を減らしていく、また、ある程度のレベルの生活を維持しながら、支払っていけるように債務を整理していくことができるのです。

債務整理では、任意整理、個人再生、自己破産など、借金のレベルや、生活環境に合わせて、適した方法を選択し、3年から5年で完済できるもしくは、借金自体を免責してもらうことができます。

人物吹き出し

たとえ自分や、配偶者に借金があっても、何よりも大切な家族を守っていくことは十分にできます。

無料、匿名で債務整理の専門家に相談ができるサイトなどもありますので、そういったものを利用して、より肯定的に、問題を解決していきましょう。