債務整理をいざしてみようと思っても、まず、自分に債務整理ができるのか疑問になります。

個人再生するための条件として、住宅ローン以外の債務総額5,000万円以下であることを除けば、債務整理するのに必要な条件は特にありません。

基本どんな人でも債務整理をすることができますが、大切なのは自分にあった債務整理を選択することになります。

今回は、特に自分にあった債務整理の見つけ方について、ご紹介していきたいと思います。

月の支払いをどれだけ減らしたいのか?

どの方法であれば自分にできるのか?ではなく、自分の返済をどれだけ減らしたいのか?に応じて債務整理を選択します。

収入が見込めて、支払いはある程度していけるけど、今の返済状況だと生活が回らないといった場合には任意整理がいいでしょう。

このくらいだったら月々返済していけるという検討をつけて、任意整理を通してどれだけ減額できるのかを調べてみます。

調べる方法はというと、減額シミュレーターという、簡単な質問に答えるだけで、自分にどれだけ減額ができるのか調べてくれるサイトがあります。

無料、匿名で行えるので、そういったサイトを通じて気楽に調べることができます。

もしくは、支払いが全くできないというわけではないが、大幅な借金の減額が必要な場合には、個人再生を検討するといいでしょう。

個人再生では、借金を5分の1まで減らすことができます。

その残りの債務を3年ないし5年かけて分割で支払っていくことになります。

事情により働けない状態で、収入が全く見込めないといった場合には、自己破産を通して債務の免責をしてもらうという方法もあります。

デメリットを確認しながらも、さらにメリットを見つける

債務が減ったり返済の免責を受ける分、デメリットがあるのも事実です。

債務整理をすると、ブラックリストに載ってしまうためにカードを作ることができません

また、個人再生では、車のローンが終わっていない場合は、大部分の方は車を失う事になります。

自己破産では、住宅ローンまで整理の対象となってしまう事にもなります。

そういったデメリットを見て、このデメリットだけは絶対に避けたいと感じるものもあるでしょう。

しかし、実際にもっと重要な点は、債務整理後の債務が、自分の支払い能力に見合っているかどうか、という点になります。

債務整理後は、基本、2回以上滞納すると一括請求を余儀なくされます。

そのため、デメリットを避けて無理をすると、また新たに、一段階進んだ債務整理をしなくてはならないといった2度手間になりかねません。

そのため、デメリットを考慮に入れつつも、債務整理後無理のない返済計画を立てられる方法を選択するようにしましょう。

一人で判断せずに専門家に相談する

一番の方法は専門家に相談することです。

経験が豊富な、債務整理専門の弁護士、司法書士に相談することで、自分に合った債務整理を提案してもらうことができます。

車を手放したくない、でも任意整理にすると月々の返済額を支払っていけないかもしれない。

といった悩みも、直接相談して解決することができます。債務整理専門の弁護士、司法書士にネットから匿名で相談できるサービスもあります。

登録されている弁護士、司法書士は厳しい審査に通っており、実績、信頼も期待できます。

人物吹き出し

相談までは無料なので、こういったサービスを通じて、自分に合った債務整理をみつけるのも、時間も短縮でき大変おすすめです。