任意整理はしたものの、今まで支払いに困難を要してきただけに、その後問題なく支払っていけるのかいまひとつ自信がもてない。

生活していく金額と返済支払いの兼ね合いを考えても、余裕をもって和解できるとも限らないし、もしも予期せぬことが起こったら、予定外の出費が重なったとしたら…。

任意整理を行う前に、そういった不安材料をなくして取り組みたいですよね。

今回は、実際に任意整理後に支払えなくってしまった場合はどうなるのかについて、解説をしていきたいと思います。

滞納の猶予は2回まで

任意整理後の支払いが始まってから滞納できるのは2回までとなっており、それ以上滞納した場合は、任意整理で和解した内容は無効となってしまいます。

和解契約の内容において、

二回以上の滞納、すなわち二ヶ月以上滞納した場合は、和解して決められた期間までに支払えればよいという権利が失われるということ。

残りの債務において、数パーセントの年利で発生する遅延損害賠償を含めた全債務が一括で請求される。

ということが、和解の条件として明記されているためです。

2回以上の滞納後どうなってしまうのか

もし、本当に二回以上滞納してしまったら、どうなってしまうのか。

上記で説明したとおり、債務者は猶予期間を失ってしまうために一括請求を余儀なくされてしまうのですが、ただ、すぐにそれが執行されるわけではありません。

任意整理での和解契約は、裁判所を通していないため、債権者は債務者に対して、強制的に財産の差し押さえを行う権利をもちません。

そのため、一度債権者側が裁判所を通して訴訟を起こすという過程を踏まなくてはなりません。

しかし、そうやって滞納を続けていても、結局は財産の差し押さえから逃れることは難しく、債権者に対する信用も失われるために、その後和解を行おうと思っても、大変不利に立ち場に立たされることになってしまいます。

支払いが遅れても、誠実な対応を

債務整理自体、債務者の都合で、借金に対する利息や期限を譲歩してもらうことであるため、基本的には是が非でも延滞しないくらいの志が必要です。

しかし、人間、生きていれば予測もしないことが起こるもの。本人の滞りなく払っていきたいという意志に反して、どうしても返済が難しくなった場合は、即その旨を債権者に報告し、誠実さをアピールすることが必要です。

債務整理で和解成立した時点で契約解消する代理人もいますが、支払いの代行であったりと、アフターをしっかり行っている弁護士や司法書士も存在します。

そういった場合には、支払いが遅れることがわかった時点で直ちに、代理人に報告することが大切です。

支払いが滞ることで、迷惑をこうむるのは、債権者だけではありません。延滞が生じた場合には直接債務者ではなく、任意整理した弁護士や司法書士へ連絡がいくようになっているのです。

経験や豊富な知識を通した的確なアドバイスをしてくれたり、債権者に和解の再交渉を依頼することもできるため、今後有利にことを進めていくためにも、債権者だけでなく、代理人に対しても信頼関係を保つことがとても重要であるといえます。

どうしても今後の支払いが難しい場合

再度任意整理で和解を試みる

債務整理後でも、どうしても支払いが難しい場合には、債権者に任意整理で和解できないか再交渉をする必要があります。

今まで対応してもらった代理人に再度依頼をする場合もあれば、和解後契約解消した場合や、債務者の納得結果が得られなかった場合には、再度別の代理人を探して依頼をすることができます。

その際にも、やはり問われるのは、債権者から信頼を得ているかどうかです。もし、報告なく長期延滞しているような場合だと、交渉は難航することが余儀なくされてしまいます。

個人再生か自己破産による解決

もし、任意整理で再度和解が難しい場合には、個人再生や自己破産によって解決をしていきます。

病気によって仕事ができず収入がまったく見込めないといった場合でも、自己破産という方法をとって、折り合いをつけることができます。

逆に毎月、安定した収入を見込める場合は、個人再生の手続きをしていくことになります。

すなわち解決できる債務整理の方法は、今後返済ができるかどうかによってくるということになります。

債務整理に強い弁護士を探す

滞納の原因は、債務者自身によるものだけとは限りません。

たとえば、そういった案件に不慣れな弁護士や、司法書士に依頼してしまった場合、支払い能力にあった和解に行き着けずに終わってしまって結局支払いが難しくなったといったケースも中にはあるものです。

その場合には、再交渉であっても力を発揮してくれるような強い代理人を立てなくてはなりません。

アフターサービスが充実していない弁護士と契約してしまった場合などにおいても同様で、予期せぬ事態に遭遇した場合には、再度力のある弁護士や司法書士に出会うことが求められます。

人物吹き出し


できることなら、任意整理をする前の時点で、任意整理に強い弁護士や司法書士を見つけて、実際に相談をしてみた上で交渉を依頼できたらいいですよね。

その方によって状況はさまざまですが、自分にあった弁護士や司法書士につなげてくれて、しかも依頼するまでの間は、無料で相談に乗ってくれるサービスなどがあるので、ぜひ利用してみるといいですよ。

少しでも不安をなくして、見通しのよい、返済計画ができることを祈っています。