債務整理をしてクレジットカードは作れるのか?

クレジットカードが無くても生きれますが、クレジットカードは無いと不便な事が多いです。

そこで今回は債務整理をした後に、新規でクレジットカードが作れるかを調べてみました。

債務整理をしたら新規作成は不可能

一度でも債務整理をすると、新規でクレジットカードを発行したりキャッシングする事は不可能になります。

その理由は、クレジットカード会社は新規発行の際に、個人信用情報機関の情報を参考にしているためで、個人信用情報機関にはこれまでの債務の様子や延滞の実情が事細かに記録しているからです。

しかも、個人信用情報機関では自己破産においては免責してから5年の間金融事故歴がある者としても記録し続けますし、任意整理や個人再生も完済してから5年から10年の間同様に金融事故歴がある者として残り続けます。

リストから記録が削除されるためには定められている年数が経過しなければならないので、新規で作る事はできません。

また、個人信用情報機関だけではなく、クレジットカード会社は各社で官報という相続や破産の裁判の様子がまとまった新聞で情報収集もしています。

債務整理をすると官報に掲載されるので、金融事故歴がある者には新規発行はしません。

こうした仕組みなので債務整理をすると、クレジットカードを新規発行するのは無理ですが、ずっと無理ではありません。

それは信用情報機関に登録されている情報が削除されるまで辛抱強く待つという方法です。

個人信用情報機関は複数の組織がありますが、債務整理であれば支払いが済んだ日から5年で抹消します。

金融事故は5年で抹消

抹消後は一切記録が無くなるので、クレジットカード会社から見ると、債務整理の経験がある者もしくは、過去に一度もローンを組んだりカードを発行した経験が無い方のどちらかになります。

5年間が経過すると整理をした側に旨味があるように感じられますが、情報が抹消されフラットな状態になるという事は過去に締結した取引履歴も削除されるという事なので、信用の高さはありません。

そのためクレジットカードの発行を申し込みしても、審査に落ちてしまう恐れもあります。

まとめると、債務整理後5年間はクレジットカードの新規作成が100%無理で、6年目もカード履歴がないために、カード会社からすると、過去に金融事故を起こした人か、カードを作ったことの無いスーパーホワイトと見られます。

ただ、まったく作れないわけではないので、ハードルの高いJCBVISAアメックスなどのプロパーカードは諦めて、楽天カードACマスターカード(アコムカード)などの方がまだ審査に通りやすいと思います。