弁護士や弁護士事務所にもいろんな方や会社が存在しています。

債務整理をする上で大切なのは、よい弁護士との出会いに尽きる
といえましょう。

債務整理の経験が豊富な弁護士や、事務所を選ぶことは第一条件であり、誠実であり、債務者の立場に立ってくれる弁護士と出会えれば最高ですね。

それでは、今回は債務整理をする上で、弁護士を選ぶポイントをお伝えしていきたいと思います。

債務整理の経験が豊富であること

債務整理の経験が豊富で実績のある弁護士や、弁護士事務所は、ある程度ホームページで確認ができます。

ホームページに、債務整理専門といったキャッチフレーズがある、実績件数を売りに大きく広告をしているといった弁護士、弁護士会社を選べば確実です。

そういった債務整理専門の弁護士、司法書士が全国的に登録されているサイトを利用すると、最寄りの債務整理専門の弁護士を紹介してもらえるため大変便利です。

法テラスは債務整理専門ではない

法テラスは、債務整理以外の法律案件も取り扱うサービスであるため、紹介された弁護士が債務整理に長けた弁護士であるわけではありません。

経済的に厳しい方にとっては、月々5000円ほどの支払いで利用できるというメリットも魅力ですが、実際に自分の希望した結果がでないと安くても結局意味がありません。

そのため、法テラス登録で、債務整理が得意な最寄りの弁護士をネットなどで調べて、法テラスに指定して依頼するといった方法で利用されるといいでしょう。

しかし、忙しい場合には受け入れされなかったり、対応が遅れることもあります。

その点十分に検討して依頼しましょう。

見積もりを行ってくれる

債務整理は、結果が出るまで費用がはっきりとしないところがあります。

だからといって曖昧なままにしておいて、後に高額を請求されるというケースも起こっています。

着手金、実費(弁護士の交通費)、報酬金などの料金体制が明確で、見積もり書を出してくれる弁護士であれば、誠実だと判断してよいでしょう。

契約書を作成する

口頭だけで、契約書を作成しない弁護士や弁護士事務所は、責任をもって業務を行わない可能性があります。

料金も書面で残しておかないと、後で揉め事が発生する可能性が高くなりますので、気をつけましょう。

連絡がマメである

弁護士や、弁護士事務所においては、かかえる案件が多く、人手不足で対応が遅くなるところもあります。

問い合わせフォームなどの返信の速度や、電話のかかり具合などでも判断できます。

返事が遅かったり、電話がつながりにくい場合は、迅速な対応が受けられず、状況が悪化しかねませんので、早い段階で判断して、そういったところは見切りをつけましょう。

知り合いの紹介は断りづらい

知り合いがオススメの弁護士を紹介してくれるといっても、自らの案件が得意でなかったり、相性が合うとも限りません。

紹介を受けて、もし自分には合わないと感じても、途中で断りにくくなりますので、自分でもその弁護士をしっかりと調べた上で依頼するようにしましょう。

多くの情報の中から、自分にあった弁護士を探すのは簡単ではありません。

豊富な実績をもつ債務整理専門の弁護士を全国的に登録しているサイトを利用すると、ピンポイントで最寄りの弁護士を紹介してもらえます。
相談も無料、匿名で可能です。

人物吹き出し

実際に相談してみることで、弁護士が誠実に対応してくれるか、不明な部分も確認ができますので、まず相談から始められるといいですよ。