毎月の借金の支払いが増え、今月ついに滞納しそうだと言う場合。

また、借金のため毎月カツカツの生活をしていて、突然の事故、入院や、お祝い事や、お悔やみといったことが立て続いたりといったことで、生活が回らなくなってしまった。

実際に滞納が続いており、差し押さえ寸前である。

そういった、現に、今すぐに対処しなくてはならない時には、効率、スピードが求められます。

そうした、効率、スピードを重要視する場合に、どういったサービスを利用すべきか、意識すべきポイントをお伝えしていきたいと思います。

相談がしやすい環境

そもそも、相談に早く取り組まなくては話になりません。

例えば、公的機関などだと、平日朝の10:00から17:00までといった日中の利用になり、勤務時間とかぶってしまい、土日になるまでなかなか相談にありつけず、時間がかかってしまいます。

消費者センターなどが主催する、直接弁護士に話を聞くことのできる相談会なども、地域や、時間の限定があるため、仕事で忙しい場合は利用が難しいといえます。

一方、ネットからの24時間相談受付などを利用すると、自分の可能な時間により迅速に話を進めることができます。

弁護士や司法書士と直接相談できる

弁護士や、司法書士といった実際に実務を行う方が直接相談をうけるサービスを利用すれば、相談から債務整理への移行もスムーズであり、より時間短縮ができるといえます。

債務整理専門であり、経験がある

すべての弁護士や、司法書士が、債務整理の専門であったり、また、債務者側に立ってくれるわけではありません。

中には債権者側である、ローン会社等と提携を結んでいる弁護士等も存在します。

そのため、自分で弁護士や司法書士を探す場合は、なかなか自分の願う通りに話が進まず、また別の弁護士を探さなくてはならないという可能性が高くなります。

消費生活センターといった公的機関や、法テラスに置相談した場合でも、債務者側の立場に立った債務整理を行う弁護士や、司法書士を確実に紹介してくれるわけではありません。

そうやって、自分にあった弁護士、司法書士を探す過程で時間をとられる事態が起こってきます。

債務整理に強く、債務者側の立場に立って業務を進めてくれる弁護士や、司法書士を紹介してくれるサイトを利用することで、自分の理想の弁護士や、司法書士に出会いやすく、より早い対処が可能となります。

審査がない

金銭面で恵沢もありますが、そういった恩恵を受けようとすると審査が必要になってきます。

審査に通るまで、業務を開始しない弁護士等もいるため、その間に、延滞料が発生したり、状況悪化の可能性もでてきます。

大きな視点から見ると、費用を安くできるといって、対応が遅れたり、自分の希望の弁護士に出会えず、思うような結果が出せなかったり、探し直して時間がかかり、状況が悪化したりしては意味がありません。

全国展開である

公的機関だと、自分の住む地域で、希望した時間に相談ができない場合や、必ずしも利用したいサービスをうけられるわけではありません。

全国展開のサービスを利用することで、自分の住む地域の弁護士、司法書士の紹介を迅速にしてもらうことができます。

  • 相談がしやすい
  • 弁護士や司法書士と直接相談できる
  • 債務整理の経験豊富である
  • 審査がない
  • 全国展開である

こういった点を全て網羅したサービスを、24時間体制の、債務整理の専門の弁護士、司法書士に相談できるサイトで、無料しかも匿名で利用できます。

人物吹き出し

債務整理の豊富な経験によって生まれたサービスであるがゆえに、安心して利用することができるのです。