結婚を考えるほど大好きな彼に、借金があることが発覚した時。

あなただったら結婚できますか?

借金の額にもよるでしょうが、いざ結婚生活をしていくとなった時、家計にどれぐらいの影響を及ぼすものなのか、気になるところですよね。

借金ぐせのある場合、結婚後にさらに借金をかかえる可能性も考えられます。

そこで、借金のある彼氏と結婚するべきかどうかの判断基準、また、借金のある彼にしてあげられることについて、お伝えしていこうと思います。

借金の理由をしっかりと聞き取る

借金の額も問題ですが、それ以上に気にするべきなのは、その借金の理由、原因です。

彼氏から借金の原因をしっかりと聞きだす必要があります。

借金自体、男の立場として、女性に知られたくはないはずなので、その理由も答えたくはないのが当然です。

聞いて曖昧にされた場合でも、結婚をする上でも知っておかなくてはならない、断るのならば別れる。ときっぱりと伝えてしまってもいいでしょう。

それだけ、借金の理由を知ることは大切なことなのです

もし、奨学金や、親の借金の肩代わりをしているといった、自らの過失によるものでなければ、結婚後にまた借金をするということもないでしょう。

しかし、その他、ギャンブルや株や、浪費といったものか原因で有る場合は、金銭感覚がない、借金癖がある可能性がありますので、要注意です。

一旦、負債をすべて返し終えてから結婚をするか、結婚自体を見直した方がいいでしょう。

借金総額を聞き取る

理由を聞き取ったあとに、特に理由に問題ないようてあれば、借金総額をきくようにしましょう。

結婚して、生活もしていかなくてはなりませんし、結婚式をする場合などにもお金がかかります。

総額によっては結婚をするのを一旦見合わせて、まず借金を解決するように誘導するといいでしょう。

債務整理などを利用すれば、三年から五年で確実に借金返済を終わらせることができます。

また、月の返済額がそこまで高くない場合は、結婚生活をしていきながら、借金を返していくこともできるでしょう。

その際に、自分の借金は自分でもつということをしっかり約束しておくと、結婚後に後味が悪くなることもないでしょう。

お金の問題はシビアに考えて、結婚後も良い関係を保って行けるよう、家計の管理以外は、あまり手伝いすぎないようにするとよいです。

相手に借金癖があるようであっても結婚したい場合


結婚後は、結婚前とは違って、夫婦として、相手の問題も、自分の問題としてとらえなくてはならないところがあります。

相手の問題が大きく、結婚生活に耐えられず離婚となってしまっては、もともこうもありません。

そうならないためにも、結婚前の段階で、相手の借金癖の根本原因を突き止めて、改善のために手伝ってあげるといいでしょう。

外的な面では、債務整理をすすめるといった方法があります。

債務整理をすると、カードも利用できなくなります。

また、整理後に決まった月々の返済が二ヶ月でも滞ると、一括請求をよぎなくされるため、節制しながらでも必ず支払いをしなくてはなりません。

そうやって債務整理を行うこと自体が、お金を管理する格好の訓練になります。

そのような外的な訓練と並行して、またメンタル面でも、借金癖の原因となるストレスが何によるものかを知り、未然にストレス回避に努めることが大切です。

人物吹き出し

カウンセリングを受けることをすすめてみてもいいでしょう。