借金が500万円にまで膨れ上がってしまったら、月々の返済額は、平均的な月収の場合で考えると、給与のうち大きな割合を占めることになるでしょう。

実際に、500万、450万、300万といった借金を、5年や、3年、また1年で返済したといった話も聞きますが、食費や、娯楽費、交際費などを削って、かなりの覚悟をもってしないと、一定の期間で完済するというのは難しいものです。

完済を可能にさせるのには、やはり家族の理解や助けがあったり、夫婦共働きで生活を回したりと、環境による影響が大きいといえるとも思われます。

しかし、誰にも相談できないといった場合だと、借金のための借金を繰り返したり、自分の月収に対して、借金返済に充てる割合があまりに大きく、節約などでどうにかできるレベルするではない。といった場合もあるでしょう。

また、ギャンブル依存症や、買い物依存症といった、現在進行形で自分ではストップをかけることが難しい場合も少なくありません。

借金による、精神的なストレスは深刻なもので、うつ病や、自殺願望など、そのなってくると、返済どころではなくなってしまいます。

ですので、債務整理をされるかどうかの決め手は、自分が無理をしていないかどうかだといえるでしょう。

無理なことをしていると、いつかは破たんが訪れます。

それは精神的な部分でも、現実の生活においても同様です。

ゴールが見える目標設定をするために

実際に借金を返済していく上で、返せるというビジョンが立たないと、それに向かって努力するモチベーションも上がらないでしょう。

そのため、自分にとって、こうだったら返済していける、という思いにならなければなりません。

もし、返していくモチベーションが上がらない、一生返せない気がするといった、マイナスな感情が沸いているようであれば、一度、債務整理の知識のある、弁護士や、債務書士に相談することをお勧めいたします。

そうすることで、一度、目の前の霧を晴らしてあげることが必要です。

債務整理によって得られるメリット

任意整理をすると、自分が利息を払いすぎている場合など、調査して、その分を返金してもらい、残りの借金に充てることができます。

もし、そうしても、月々の返済のめどが立たない場合は、個人再生といった手段をとって、借金を5分の1まで減額することができます。

任意整理、個人再生、どちらの場合も、基本的に将来的な利息はすべてカットされるため、その分の負担も軽減します。

返済にかかる期間は3年から5年

決められた3年、もしくは5年の間で、借金を払いきることが余儀なくされるということにはなりますが、逆に、その間を辛抱しさえすれば、借金が全くなくなる。という保証を得たと考えることができます。

デメリットを見るよりも心を楽にしてあげることが先決

確かに、債務整理を行うことで、カードを5年間作れなくなったり、個人再生においては、財産を整理されてしまうといったデメリットはあります。

しかしそれで迷って現状を変えられずにいるよりは、気持ちに少しでも余裕を与えて、完遂に向かえる自分になっていくためにも、債務整理を検討されることをお勧めします。

人物吹き出し

債務整理の専門家に無料匿名で相談できるサイトもありますので、そういったツールを利用されるといいですよ。