借金の返済で風俗や水商売で働こうと考える女性は大変多いです。

それは、風俗や水商売は、まとまったお金を短期間で稼げるからです。ただ、風俗や、水商売で一度働きだすと、その高収入の味をしめて、なかなかその世界から足を洗えないといわれています。

しかし、その代償は大きく、人生において取り返しのつかない傷を負う事になってしまいます。また、今までの人間関係が崩れるというリスクもあります。

借金を早く返済するためであっても、風俗や、水商売で働かない方がいい理由を解説します

精神的なダメージ

水商売や、風俗は、いわゆる、芸能界のような人気商売の1つです。美貌やトーク術に長けている人は、客がつき、お金が稼げるようになります。

しかし、そうでない人は、実際には客はつかず、さほどお金にはならないという現実もあります。

特に、女性を売りにした商売であることは間違いありませんので、年齢によって稼げる金額が全く違います。常に人気を得続けるための精神的苦痛は想像を超えるものがあります。

また、家族がいる男性の相手をするといった、非道徳的な行為に対して、我しらず良心を痛めている場合もあります。

風俗嬢である場合にも、体に代償を負うそれ以上に、精神的なストレスは大きなものだと言われています。

それを示すものとしても、風俗嬢の中には、リストカットや、自殺願望をもつ人も多くいるといわれています。

社会復帰が難しくなる

水商売などでは、夜遅くまでの勤務と、お酒をのまされ、昼夜逆転の生活になってしまいます。

また、時給が高いためなかなか昼の仕事に戻る気力がわかないと言う方も多くいらっしゃいます。

風俗嬢においては、日給2万円から3万円とも言われており、やはり給料面で他の仕事ができなくなってしまうという方も多いのだといいます。

新しい仕事を探そうにも、過去の職歴として、水商売や風俗嬢は、プラスとしての役割を果たすことが難しいでしょう。

過去は消せない

水商売や風俗嬢を職業としているという事実を他の人に知られたくないと感じるのは、当然の心理だといえます。

しかし、その事実を隠し通すことは難しいと言われており、その事によって結婚ができなくなったり、自分にとって大切な人と疎遠になったりしかねません。

風俗と嬢いった体を売る仕事で、自分の心も体も大きく傷つけてしまった場合は、その傷は簡単には消すことはできません。それは一生をかけても難しいものです。

一度足を踏み入れるかどうかで、人生が大きく変わります。

水商売、風俗嬢をして借金返済をするようであれば、債務整理をした方がよっぽど今後の人生においてプラスに働く取り組みだと言えるでしょう。

返済に悩んだら踏み出す前に相談しよう

返済に悩むようになったら、水商売、風俗でてっとりばやく返済しようという考えは大変危険です。

来店女性にわざとツケで飲ませ、期日までに風俗で働いて返すように仕向けるというホストも多く存在するといわれています。

そういった話術に乗る必要もありません。

女性にとって、女性であることを仕事にすることは、女性にとっての1番の幸せを失う行為であることは間違いありません。

不特定多数の男性と関係をもつことで、自分の1番愛する人との関係を大切にすることができなくなるためです。

自己判断は危険です。

債務整理などを通して合法的に借金を返済できるまでに整理することができます。

人物吹き出し

借金の返済に困った場合には、債務整理の専門家にまず相談してみるといいですよ。

以上、借金が苦しくても風俗嬢・水商売はしてはいけないその理由とはのまとめでした。