近年、現金を持ち歩いている人より、クレジットカードで支払いをする方を多く見かけるようになりました。

現金を持ち歩くにも面倒だし、計算もカードさえ出してしまえば簡単に決済でき、ローンもカード一枚その場で組むことができます。

ポイント還元や割引、海外旅行時の保障といったカードだけができる恵沢も多く、利用したいと思う方が多いのもうなずける結果です。

任意整理後に再度クレジットカードを作成したいと考える方も多いのではないかと思われますが、実際にカードを作ることができるのでしょうか?

任意整理後もカードは作れる。

結論からいうと、任意整理をしてもクレジットカードは作ることができます。

しかし、任意整理をしてから約五年ほどの期間をおく必要があります。

なぜなら、任意整理後は、信用情報機関に任意整理をした記録が、約5年間にわたり掲載されてしまうからです。

そのため申請をしたとしても、クレジット会社がカード申請者の情報を信用情報機関で照会した時点で落とされてしまうのです。

しかし、掲載期間を終えた後は記録がまったくの白紙の状態にもどるため、カードを一度も作成した人とまったく同じ状況になります。

そのため、依頼者が事故経験のある人かどうかの判断がつかなくなるため、審査が通りやすくなるというわけです。

クレジットカードは任意整理をしていない金融会社に申し込む。

任意整理後にカードは作ることはできますが、任意整理をしていない金融会社を通して作るという第一条件を忘れてはなりません。

それは、任意整理を行った金融機関においては、その任意整理をおこなった履歴が、信用情報機関と同じように削除されることなく残り続けることになるからです。

任意整理後すぐでもカードを作れる場合がまれにある。

任意整理後にすぐにカードが作りたい場合、クレジットカード会社によっては債務整理後でも審査が通る場合があります。

その中でもよく聞かれているのが、楽天カード

審査基準が低く設定されているといわれており、債務整理後でも作成できたという声も聞かれています。

しかし、確実にカードを作成できるわけではありません。

しかも、ブラックリスト掲載中に申請して審査に落ちた場合は、その履歴が信用情報機関に約6ヶ月間は掲載されてしまうというリスクもあります。

そういったことを考えて、任意整理後のカード申請を慎重に行う必要があります。

保持していたクレジットカードはどうなる?

クレジットカードの更新の際に、信用情報機関の情報が照会されたり、カード会社が信用情報を定期的にチェックしているため、債務整理の事実が発覚した段階で使用を停止される可能性が高くなります。

しかし、それもカード会社によって異なるため、問題なく使用しつづけることができる場合もあるといえます。

どうしても任意整理後にカードを作りたい場合は?

家族カードで代用。

家族の方であれば、家族カードという形でクレジットカードを作れる可能性が高いです。

家族の方が債務整理を行っていなければ、任意整理をした方の情報がその家族の方に反映されることは一切ないためです。

デビットカードを作る。

デビットカードを知っていますか?

クレジットカードと同じ要領で、支払いができますが、クレジットカードと違う点としては、即口座引き落としてあり、一括のみの利用であるというところがあります。

ポイントがたまったり、ネットで買い物ができたり、海外でもキャッシュカードとして利用可能です。

デビットカードであれば審査がない場合も多く、ブラックリストに載っていても作れる可能性が高くなります。

人物吹き出し

任意整理後すぐにはクレジットカードをつくることはできませんが、状況によっては可能な方法を探してみることは可能ですので、ぜひ参考にされてくださいね。