任意整理後の支払いでは、支払い期間の猶予を基本3年から5年にあたって与えられますが、3年から5年支払いを続けるというのも正直根気がいる作業です。

早く借金をなくしてしまって、身も心もきれいさっぱりしたいといった思いを抱かれる方も少なくないと思います。

そういった時、債務が減額したことを契機に、身内や友人の力を借りながら、一括で支払おうとすることも不可能ではありません。

人物吹き出し

支払いが早く終わる分、気分はすっきりしますが、実際にそういった方法が得策なのか、気を付けるべきことはないのかについて、詳しく説明していきますね。

任意整理直後の一括返金について

任意整理直後に、全額を一括返金することの最大のメリットは、元金を減額してもらえる可能性が高いということです。

金融会社は、資金を元に、貸し出しを行い、その利息で利益を得ているため、早くお金が戻ってきた時点で、他の顧客からの利益を作ることができます。

そういった点から、金融会社が一括返金をする債務者を優遇し、1割から3割といった大きな割合で減額をしてくれるという仕組みです。

分割支払い中に残高を一括返金する場合

支払い中に全額返済のめどがつき、残額を一括で返金した場合、最初の時点で一括返却した場合と異なり、元金の減額対象になることはありません。

しかも任意整理後は、その後の利息が一切カットされます。

そのことを考えると、期間の猶予をもらいながらも、本来分割をしている間生じるはずの利息の分も支払う必要がなく、金銭面でも大きく譲歩してもらっていることになります。

すなわち、分割の支払い中に一括返金するということは、その期限の利益を自ら放棄してしまうことになるため、実は大きく損をすることになるのです。

しかし、一括払いをして早く返却してしまえば、負債もなくなり気分もよいのは確かです。

事実、よい行いをしているようにも見えますが、実は、自立した日常生活を送っていく上では、意外な落とし穴があるといえます。

以下に、慎重に一括返金を行わなくてはならない理由をお伝えしていきます。

一括返金後も、ブラックリストの掲載期間は同じ

任意整理の場合は、一括返金をした後でも、分割支払いをした人と同様、ブラックリストに約5年間載り続けることは変わりがありません。

すなわち、その約5年の間に、借り入れをしようと思っても、クレジットカードを作ろうと思っても、審査に通らずまったく不可能な状態になってしまいます。

そのため、もし金銭的に厳しくなってしまったときに、身内以外に、お金を借りるあてがなくなってしまうということになるのです。

一括返済してしまった後の自分の懐事情をよく考慮しながら、判断しなくてはなりません。

人物吹き出し

債務整理は、今後の自分の生活を立て直して行くためにとても有効な手続きですが、無理のない、確実な返済計画をしていくことが、大変重要だといえます。