債務整理とは、すなわち借金を法的手段を通じて、減額したり、なくす作業のこといいます。

人物吹き出し

借金のために、これから生きていく人生に希望を感じられずにいる、そんな生活から抜け出したい。そのために、法的な手続きを踏みながら合法的に借金を整理し、自分の人生をより現実的に再構築できるなんてとても希望的ですよね。

今後の生活をより現実的かつ理想的に立て直していくためにも、その方の状況に応じて、適した債務整理を検討することがとても大切になってきます。

それでは債務整理とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つ

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの種類があります。それでは、一つ一つわかりやすく解説していきましょう。

任意整理とは?

任意による整理、すなわち、お金を貸している側である債権者に交渉しながら、任意に基づいて借金を整理する方法です。

過払いの請求したり、今後の借金返済を実現可能にしていくために、利息を交渉して、和解した内容に基づいて、数年以内に返済していくことができるようにします。

弁護士や、司法書士を通じていく必要がありますが、裁判所を通す必要はありませんので、比較的手続きが簡単だといえます。

特定調停とは?

債権者側と、裁判所を通じて借金の減額交渉をする手続きです。任意整理とは違い、弁護士や、司法書士ではなく、簡易裁判所で認定された調停委員を介して交渉していきます。

必要費用は、申立手数料、印紙代の1000円程度で、大変安いですが、その反面、裁判所に通ったり、書類の準備を自分でやっていかなくてはなりません。過払いの請求も自ら訴訟を起こして行わなければならず、手続きが大変面倒だといえます。

その上、 担当する 調停委員が、任意整理の専門であるとは限らないため、有利にことを運べないというリスクもあります。

個人再生とは?

個人の生活再建を目的として、 裁判所を通して、債務減額をする手続きをいいます。

引き直し計算や、利息交渉中心の任意整理や、特定調停とは違い、債務の元本カットが可能なため、減額の幅も大きくなります。金額によっても異なりますが、500万円から1500万円の借金の場合は、借金額を5分の1にしてもらうことも可能です。

その分、手続きも難易度が高く、弁護士などを依頼する必要も発生してきます。

自己破産とは?

裁判所に申請をして、すべての借金を帳消しにしてもらう手続きになります。

しかし、ブラックリストに載ったり、マイホームを取り押さえられたりと、財産所有の制限があり、具体的には、現金の所有は、99万円まで、現金以外の財産は20万円までしか保有できません。

気になる、財産保有について

人物吹き出し

次は、債務整理した場合、マイホームや、マイカーはどうなるのか?クレジットカードは作れるのか?また、勤務先や家族にバレないように内緒で借金問題を解決できるのかなど解説していきます。

マイホームはどうなる?

基本的に、住宅ローンを差し押さえになるのは、自己破産の場合のみで減額率の高い個人再生では、住宅資金特別条項を利用することで、整理対象から、住宅ローンをはずすことができます。

マイカーはどうなる?


マイカー、オートバイ等も含めて、やはり、自己破産の場合は、差し押さえの対象になります。

個人再生の場合は、支払いをおえていれば所有ができますが、支払い中の場合、車検証の所有者が、ローン会社の場合は整理の対象となり、手放さなくてはなりません。

それがディーラーになっている場合は残しておくことができます。

任意整理、特定調停の場合は差し押さえの対象からはずすことが可能です。

クレジットカードは作れるのか?

どの債務整理を利用しても、基本クレジットカードを作成することは可能になりますが、ブラックリストから名前が削除されるまでの期間待たなければなりません。

任意整理で5年から8年、特定調停で5年から10年、個人再生で基本13年、自己破産後10年といわれています。

債務整理を行った対象の金融機関の利用は、機関を問わず利用が難しいと考えるのが一般的です。

家族に秘密にできるのか?

基本裁判所を通すか通さないかによってきます。任意整理は問題ありませんが、裁判所を通す、特定調停、個人再生、自己破産においては、家族の経済状況の報告が必要となりますので、家族に秘密にしておくことは難しいでしょう。

会社にばれるのかどうか?就職への影響は?

基本的にはばれません。しかし当然ながら、会社から借金をしている場合は問題外になります。

就職においては、会社によっては選考段階で信用調査を行う場合があります。特に大企業においてはその可能性が高いといわれており、不採用となるケースが多いといわれています。

気軽に探せる!?ひとりひとりに合った借金返済

返せる当てのない借金問題を抱えて、一人で悩んでいませんか?

「相談したいけど、誰にも知られたくない。そもそもお金もないので、弁護士などに相談するにも気が引ける。」

そういった場合でも、債務整理の専門知識を持った弁護士や司法書士に、無料しかも、匿名で気軽に相談できるサービスがあります。

また、減額をシュミレーターを利用すれば、実際にどれくらい減額できるのか、簡単に調べることも可能です。

人物吹き出し

ネットを利用した無料サービスを通して、気楽な気持ちで自分にあった債務整理を見つけてみてはいかがでしょうか。